レーザー脱毛で利用されるレーザー機器には、医療用の機器が使われるので素人はこの機器を勝手に扱うことは不可能です。レーザー機器には、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなど有名なレーザー機器が使われますので医師がそれを扱うのならば安全性は極めて高いと言えます。

goo ニュース情報を厳選して紹介します。

レーザー脱毛と同じような概念に光脱毛というものがありますが、光脱毛に関してはレーザーと比べて出力に大きな違いが存在しますので厳密に言うと一緒ではありません。


実際に、出力の小さな光脱毛は素人でも扱うことができるので市販で機器を購入すれば自宅で処理を進めることが可能です。レーザー機器の場合には光脱毛よりも出力が強いので肌に対する照射の際に若干の痛みを伴うことがあります。
この痛みを軽減するために、専用の医師が肌のダメージを軽減するために専用の麻酔クリームを塗るのです。


これによって、肌に対するダメージを最小限にしながら理想的な肌を作っていくことが可能です。

名古屋のレーザー脱毛について詳しく知りたいならこちらです。

レーザー処理を行う際には、毛周期を考慮して進めていくことになるのでだいたい5回から6回は継続的に手術をする必要があります。

手術後のアフターケアに関しては医師がきちんと行ってくれますので、何も心配する必要はありません。

横浜の全身脱毛は人気のテーマです。

ただし、体毛が濃い人の場合にはメラニン色素に反応するというレーザーの性質上、他人よりもダメージが大きくなることもあります。
レーザー脱毛の際にはこうした個体差による違いも認識しておくことです。